第1期生「企画発表会」のご案内

a61ed3f27dc396324531a9224b1fd8fa-300x225

絵本を作りたい人、作っている人は、1冊の絵本ができあがるまでのあいだに、どんなことを考えているのでしょうか。

また、まだ現物がない状態で、「読みたい!」「出版したい!」と思わせるにはどんな工夫が必要になるのでしょうか。

商業出版の夢を実現するために「出版社に企画を持ち込むことはとても大切!」とはよく言われることですが、「ただひたすら多くの持ち込みを行なえばよい」ということではありません。

いざ持ち込んだものの、伝えたいことを伝えられずに泣き寝入りするケースもあれば、企画意図が伝わっても狙いがズレていて採用されないまま月日が経ってしまうケースだってあります。

「出版社に企画を持ち込むことはとても大切!」と言うのは簡単でも、初めての場合、具体的な部分はほとんどわからないのが現状ではないでしょうか。

そこで、「ならば、実際にやってみることだ。現役の編集者の前で企画のPRをする機会を設けよう!」と考え、ウーマンクリエイターズカレッジ「絵本の学校」では、来たる1月24日、企画発表会を実施することとなりました。

原則としてシークレット企画のため、積極的な宣伝は行なっておりませんが、数名ほどの予備席はご用意しております。

絵本の学校にご興味のある方は事務局までお問い合わせください。

【開催日時】
2015年1月24日(
受講生入り12:30 一般開場13:45 開会14:00 懇親会17:45〜18:30
※発表時間に余裕をみて設定しているので、懇親会開始時間が少し早まる可能性もあります。

【開催場所】
ウーマンクリエイターズカレッジ「絵本の学校」の教室
東京都新宿区四谷1-7 装美ビル2F

【参加費用】
一般聴講生の方:2000円(懇親会費込/当日現金にてお支払い)
受講生親族の方:無料(事前にご本人を通してお知らせください)
※席の数に限りがございますため、ご希望の方は1月14日までにご連絡ください。また、先着順で1月14日よりも前に締め切らせていただくケースもありますことをご了承ください。

【概要】
企画発表会は次のような流れで行います。

①現役受講生が制作物(絵本)の企画を、実物がまだ仕上がっていない段階で、
ゲスト(プロの編集者、絵本作家など、数名をお招きしています)に発表。
└→発表時間、各6分。プロジェクターを使用し、企画書と挿画サンプルを投影して発表。音響等の演出も可能。
※ただし、まだ絵本そのものが未完成(企画書+サンプル1〜2見開き段階)であることが条件。
②ゲストと担任講師より講評を受ける。
③併せて投票を行ない、「できあがったら読みたい!」と思う作品の第1位を決定する。
└→第1位の受講生には賞品を授与。

【目的】
現役受講生が、企画プレゼンの場を持ち、プロの編集者や絵本作家のコメントを聞くことで、現場の視点を知り、今後の活動に活かせるようにするため。

【その他】
過去に運営していた学校(TCA)でも同様の企画を5回ほど行ないました。
参考までに、ではございますが、雰囲気をつかんでいただくためにいくつかの記事を。
※場所・ゲスト数・規模感・テーマ・受賞者の賞品は毎回異なります。

過去の同様イベントのレポートがこちらに。
http://urx2.nu/fEAS

ブログに過去の同様イベントの告知など。
http://ameblo.jp/etsuwo/entry-10732835038.html
http://ameblo.jp/etsuwo/entry-10735847189.html
http://ameblo.jp/etsuwo/entry-10943148403.html

【主宰】
ウーマンクリエイターズカレッジ「絵本の学校」

【お問い合わせ先】
ウーマンクリエイターズカレッジ「絵本の学校」事務局
03-6271-9192(代表受付 平日9:00-18:00)
または、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

,