絵本作家になりたい! けれど、なかなか踏み出せないあなたへ

あなただけではなく絵本作家になりたい! と思う人のうち9割が「自信がない」そうです。でも、絶望するにはまだ早い。夢を叶える人と夢を叶えない人の違いは、たった3つのコツをおさえるだけ。今から実践できる夢を叶える絵本作家思考法を公開!

絵本作家になりたい人のうちの9割が「自信がない……」

こんにちは。ライターの「みなでかく」です。絵本作家になりたい。みなさんそう思ってこのページにたどり着いたのではないでしょうか。しかし、「絶対に絵本作家になるぞ!」と強く誓っている人は恐らく一握り。ほとんどの人が「絵がずっと好きだったから何か形にしたい。けれど……」と自信がない状態だと思います。まずはどうして自信が持てないのか。少し探っていきましょう。

なんで二の足を踏むんだろう? いちばんの理由は時間でもお金でもなかった

「絵本作家になりたい。けれど……」
二の足を踏んでしまう理由はなんでしょうか。時間がない? 学生・会社員・子育てetc. をしながら学校に通うのは大変ですものね。 お金がない? 確かに、何か始めるのにはお金がかかります。今日の晩御飯のお米も満足に買えないのよ! という状況だったら、なかなか踏み出せないですよね。

でも、いちばんの理由は、「絵本作家になりたい。けれど、なれるかどうかわからない」という不安があなたの中であるからではないでしょうか。

だって、なりたいものがあって、そのためにある一定の時間とお金をかければ必ずなれますよ、と言われたらどうでしょうか? 絶対迷いませんよね。忙しくても生活が苦しくても、寝る間を削って勉強したり(やりすぎは禁物ですよ)、欲しいものを我慢して節約してお金を貯めたりするでしょう。でも、なれるかどうかわからない、となると、なかなか動き出せないものです。

なんで不安なんだろう? 不安を消し去る特効薬は自分の中にある!

世の中変わってきたとはいえ、まだまだサラリーマンが安定だともてはやされる時代。両親や周りがサラリーマンであったのなら、絵本作家やイラストレーターなどのクリエイター職は特に不安定に感じるでしょう。絵を描いていたい、と言おうものなら「現実を見なさい」「そんなので食べていけるの?」と心配だからこその制止の声がかかるわけです。(周りから、いいじゃない、やってみれば! と言ってもらえた人はなんて幸せでしょう!)

だから、自分でも「やっぱり無理なのかな……」と思い始めます。もっとひどい場合だと、「自分なんかがなれるわけがない、もう考えるな!」と、あなたの中の「なりたい!」という気持ちにブレーキをかけてしまっているかもしれません。

でも、そんな状態でうまくいくはずありませんよね。自分の中にある「なりたい」という気持ちをいちばん知っているのは自分だけなのです。どうか不安がらずにその「なりたい」気持ちと真剣に向き合ってください。そして、「自分ならできる!」と信じて、それを前提に行動するしかないのです。

なんで自信がないんだろう? 才能、コネ、運……なんかより、もっと大切なものに目を向ける

とは言っても自信がない! 「クリエイターに必要なもの」はなんだろうと考えると、やはり才能、コネ、運などが思い浮かびますよね。そして、思うわけです。残念、私には才能もコネも運もないわ! だから絵本作家になんてなれない、と。

でも、あなたは絵本作家になるためにいちばん大切なものをじつは既に持っているのです。それは、「絵本作家になりたい」という気持ち。

「えー、そんなこと!?」と思うかもしれません。でも、これがいちばん重要です。だって、なりたい、とすら思わなかったらそれに向かって動き出すことは一生ないのですから。

もしかしたら、まったくなりたいと思っていなかったのに、気づいたらなっていた、というそれこそ類まれなる才能を持った人もいることでしょう。でもそんなの一握りです。

ほとんどの場合が、絵を描くのが好きだから――、お話を考えるのが好きだから――、子どもたちの笑顔を見たいから――、などなど、さまざまな理由がきっかけとなって絵本作家を志すものの、そう簡単には「なれない」。その理想と現実とのギャップに苦しむのではないでしょうか。

ここで着目してもらいたいのは「絵のスキルやお話作りやマーケティング力などは、努力していくらでも磨くことができる」ということです。ひとりではできなかったけれど、周りの人と協力し合ったらできるようになっていくということも、事実として、あります。

一方で、「絵本作家になりたい」「興味がある」「好き!」というその気持ちは、努力して磨かれることもなければ、周りの人の力を借りて伸ばすこともできません。その気持ちは、あなたの中に自然に生まれた、いちばん大切な原石なのです。

だから、大丈夫。次から述べるコツを身につけて、進んでみましょう!

たとえ自信がなくても絵本作家になる! 心得ておきたい3つのコツ

理想の自分と今の自分を比べない

ちょっとここでエクササイズです。
まず、あなたのなりたい絵本作家像を想像してください。コツは、制約を一切捨てること。能力がないから無理だわ。運もコネもない自分には無理だわ。はい、そういった考えは一切合財捨ててください。思い描くのです。自分の理想の姿を。

――絵本がベストセラーになっていて、誰からも愛される絵本で、子どもたちが「○○(絵本のキャラクター)大好き!」と幸せそうに笑っていて……。わくわくしたり幸せな気持ちになったりしたらしめたものです。どんどん具体的にイメージしていってください。

そのイメージした自分の姿を、100の状態とします。そして今の自分の状態が0だとします。そのふたつの距離を見てください。あらら、急に現実に引き戻されてしまいましたね。理想の自分と今の自分は天と地の差。やっぱりなれっこないよ、と思ってしまいますよね。でもストップ。このエクササイズは0と100の距離に失望させるためのものではありません。落ち着いて続けましょう。

0と100の状態の自分をセットできたら、その間を100分割するのです。そして、1の状態を見てください。今の自分にちょっと毛が生えた状態。絵本を作るために鉛筆を持って、自分が好きと思うお話を考えて、キャラクターを生み出すために1本の線を引いて……。あら、これって今すぐにでもできそうではないですか?

つまり、0から1はすぐに行けますね。そうすると1から2も行けるのでは? その次は――と、100まで繰り返せばいいのです。

さっきは途方もない距離があると感じた0と100の自分。でも、そこは繋がっている、そして近づいていくことが必ずできる! と認識するのです。

理想の自分に向かって1歩ずつ行動し続ける

理想の自分と今の自分が繋がっていることが認識できましたね。そうしたら100に到達するためにはどのような行動が必要か考え、1歩ずつ進んでみましょう。

とても大きな1歩を進む必要はありません。今の自分にできる、無理のない1歩を進むのです。
たとえ1日15分しか時間がとれなかったとしても、1年で約90時間。3年で270時間。それだけ時間をかければ、なれるわけない、と行動せずに0にとどまっていた頃よりも、確実に理想の自分に近づいているはずです。

大切なのは、行動し続けること。

あの、やなせたかし氏も、初めは『アンパンマン』が酷評で受け入れられなかったというのは有名なお話ですよね。でも、信じて描き続けたことで、他でもない子どもたちから好評を得て、誰からも愛される作品となっていったわけです。

ベストセラーを生み出した有名な絵本作家も、はじめから偉大な作家だったわけではありません。絵本作家になろう、と動き出したはじめの小さな1歩があったはずです。きっとそれは、才能も運もお金もいらない、誰でもできるとても小さな1歩だったことでしょう。でも、その小さな1歩を積み重ね続けたから、みんなに愛される絵本ができあがったのです。

理想の自分になれる環境に身をおく

朱に交われば赤くなる、とはよく言ったもので、交流する人や身をおく環境に人は強く影響されます。

さて、絵本作家なんて無理だよ、と思っている人たちとずっと一緒にいるのと、絵本作家になる! と信じて行動している人たちと一緒にいるのでは、どちらがより絵本作家になりやすいでしょうか。……断然、後者ですよね。

独学で1歩ずつ進んでいくこともできるでしょう。けれど、学校では具体的にどのような1歩を進めばよいか、どのような思考法を身につけたらよいかを学べます。前述のエクササイズも、この学校で学ぶ思考法です(実際はもっと少ない段階法なのですが、筆者は「段階の数がとても足りない!」と自分用にアレンジしました)。

さらに、同じように絵本作家になりたい人たちが集まる学校です。情報共有したり、お互いに切磋琢磨しあったりすることによって、あるとき「絵本作家になる」ということがあたり前の感覚になる日がきます。「本当になれるのかな……」と不安がっていた頃より、さらに1歩が進みやすくなるはずです。

「なりたい」気持ちに忠実な人が夢を叶える!

何も人類史上初のことをやれといっているわけでも、今年中に1000万部のベストセラーを出せと言っているわけではないのです。あなたの「なりたい」の気持ちに従って、1歩ずつ進んでいく。それだけです。

その最初の1歩に、私たちWoman Creators College を選んでいただけたら、とても嬉しく思います。

学校の説明会(無料)は随時開催中です!
https://www.ehon-sakka.com/contact/briefing/