クリエイターの「おもてなし」

こんにちは。事務局さわみーです。
 
前回の授業では、卒展など、クリエイターのプロモーションを行うにあたって一番大事なことを再度学びました。
 
黒板

 

さて、一番大事なことってなんでしょう?





(考える時間です)





正解は、

「伝えたい相手を想像する」っていうことです。

 
 

意外ですか?

「え?それ?」って、思う方はいるのではないでしょうか?

クリエイターといえば、

「“いい絵”を描く」とか、「わかりやすく“見せる”」

「プロフィールの“見せ方”を変える」とか、

そっち系なんじゃないの?
 

って思いますよね。

確かにそれも重要です。
 

でも、一番大事なのは、

「伝えたい相手を想像する」こと。

 
自分の作品を“誰”に伝えたい?

その人に、何を伝えたいんでしょう?

その人は、どんな興味を持っていて、どんな生活を送っているんでしょう?

 

実際に講師先生が、開催された個展の資料など拝見させて頂き、

どんなおもてなしをして、どんな風によろこんでもらったか、

お伺いしました。
 

それ以外にも、

プロファイルをどう作るか、仕事を獲得するためにどのようなファイルをつくるか、など

クリエイターができるおもてなしが大事であることを学びました。
 

実は、それを聞いて、少し楽になりました。

まだ絵のスキルが不十分だと思っている。

おはなしも、これでいいのかな?と思っている。

お見せできるものか……自信がない。

 
でも、それでも、最終的なゴールがどこなのか、ということが

「お客さんに楽しんでもらうため」とするならば、

自分がプレッシャーに思っていることは、“二の次”ということになります。
 

そんなわたしたちは、前回黒板に新しい黒板シートを貼りました。

ちょっとチョークの跡が消えにくくなった黒板。

新しい黒板シートで、すっきりきれいになりました。
 
9月の卒展の時には、きれいな黒板におもてなしの言葉を書いて

みなさまをお迎えできると思います。
 

あと2ヶ月間、がんばります!

,