クリエイターの「お金の話」

ここ最近の2回の授業では「クリエイターの『お金の話』」を聞きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絵本作家という夢のような職業。

自分が絵を描いて

物語を書いて

それが手に取れる絵本になって

みんなに喜んでもらって

その本が、自分の子どもの世代も

子どもの子どもの世代も

自分が作った絵本を読んでくれたら……。

 

少なからず、みんなそう思っているんじゃないでしょうか?

 

そして…。

その夢の到達のためなら、「お金はいいの! みんなに喜んでもらいたいの」と思うのではないでしょうか?

 

でも、ココに大きな落とし穴!

最初はそれでもいいのかもしれません。

だけど、仕事にするのなら…?

 

たとえ少しでも、“稼いでいくこと”が大切になってきます。

そんな絵本を描いて、さらに仕事にしていきたい、わたしたちのための授業。

 

わたしにとって、授業で一番心に響いたのは、

「お金の価値 = 感謝される価値」

という考え方。

 

続かない仕事は別ですが、次から次へとオーダーがくる仕事は

お客さんが、「お金を払っても、満足するもの」。

 

しかも、場合によっては、

「お金を払っても、感謝してくれるもの」。

 

そして、望ましい仕事は、

「お金の価値 < 感謝される価値」。

 

わたしも、感謝される仕事をして、稼いでいけることを目指したいと思います。

,